Top >  インプラントの治療 >  インプラント治療で入院?

インプラント治療で入院?

インプラントの手術では、

1965年までは必ず入院をしなければなりませんでした。


でも、現代ではよっぽどの事がない限り入院はしなくてもよく、

通常通り歯科医に通う程度のもので大丈夫だそうです。


昔はインプラントの成熟のために半年間くらいは

流動食だけで生活を余儀なくされていました。


しかし、今では普通の食事をしても何の支障も出ないです。


インプラントの手術は医療技術が発展したおかげで、

快適な生活や仕事など、

歯科治療や入院で生活への支障が出なくなりました。


私もインプラントを受ける前のイメージとして、


『食事はどうやってすればいいんだろう?』


『いつも通りのご飯じゃなくてやっぱり流動食なのかな?』


とか色々思っていましたが、それをお医者様に言ったら

笑われちゃいましたよ。


私の経験から言っても、近代の医療は昔とは違って格段に

ステップアップしています。


インプラントの術後も何不自由なく

生活することができるので安心してくださいね。

         

インプラントの治療

ここではインプラントの一番大事な内容、
『治療』について説明します。

インプラントの治療を受けるうえで
とても大事なものになってきますので、
是非見てくださいね。

このカテゴリ内の記事


インプラント手術の過程
インプラント治療の種類
インプラント治療の完成・成熟
インプラント治療の失敗
インプラント治療で入院?